介護レベルに合わせて必要な環境

介護サービスを受ける前に知っておきたい「要介護レベル」と「認知症レベル」

「要介護レベル」や「認知症レベル」という言葉をご存知でしょうか? これは日常生活における支障の度合いを判定したもので、各市区町村の附属機関である介護認定審査会が定めています。介護サービスを受けるためには、この判定を受けることが必須条件となっていますので、ご注意ください。

「さんわケアサービス」では、千葉県および茨城県で経営する有料老人ホーム「アンダンテ」への入居を検討されている方からのさまざまなご相談を承っております。老人ホームの種類や介護レベル応じて受けられるサービスについてご不明点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

要介護レベル

要支援
要支援1 かろうじて一人でも生きていけるレベル。訓練などによっては、部分的に支援が必要。
要支援2 状態の改善・維持が期待でき、一人でも生きていけるができるだけ支援が必要なレベル。
要支援の方向け施設はこちら
要介護
要介護1 通常の生活ができるものの、一部でごく簡単な介護が必要なレベル。
要介護2 歩行や食事、排せつ、入浴など、ほとんどの場合に部分的な介護が必要なレベル。
要介護3 部分的にではあるが、ほぼ完全な介護がなければ行動ができないレベル。
要介護4 意思の疎通がやや困難であり、生活の大半に介護が必要なレベル。
要介護5 介護なしでは生活が成り立たず、介護者が常に様子をうかがわなければならないレベル。
要介護の方向け施設はこちら
認知症レベル
ランクI 何らかの認知症を有するものの、日常生活はほぼ自立しているレベル。
ランクII 日常生活に支障をきたすような症状や行動がやや見られるものの、周りが注意していれば自立できるレベル。
ランクIIa 家庭外で「ランクI」Iの状態が見られる場合。
ランクIIb 家庭内で「ランクII」の状態が見られる場合。
ランクIII 日常生活に支障をきたすような症状・行動が見られ、意思疎通も困難で介護を必要とするレベル。
ランクIIIa 日中を中心として「ランクIII」の状態が見られる場合。
ランクIIIb 夜間を中心として「ランクIII」の状態が見られる場合。
ランクIV 日常生活に支障をきたすような症状・行動が頻繁に見られ、常に介護を必要とするレベル。
ランクM 著しい精神症状や重篤な身体疾患が見られ、専門的な医療を必要とするレベル。
認知症の方向け施設はこちら

要介護レベルに応じた施設

要支援の方向け施設

自立・混合型有料老人ホーム

介護の必要がない方でも入居が可能なタイプの老人ホーム。万が一入居後に介護が必要になった場合でも、介護サービスが受けられます。

住宅型有料老人ホーム

介護は必要ではないものの、家事などを手伝ってほしい方に適した老人ホームです。生活を快適にするためのサービスが中心になっており、介護が必要になった場合は外部からの訪問介護などのサービスを利用できます。

要介護・認知症の方向け施設

介護型有料老人ホーム

介護が必要な方のための施設です。移動や食事、排せつ、入浴など、生活に必要な介護がすべて受けられます。介護体制が一定で安定していることが特徴です。

その他の施設

サービス付き高齢者向け住宅

高齢者住まい法の基準によって各都道府県に登録される、介護・医療部門と連携して高齢者の安心を支えるサービスを提供する、バリアフリー構造の住宅のことです。要支援・要介護認定者およびその同居者が入れます。

特別養護老人ホーム

心身に障害があるために在宅での生活が困難な高齢者の日常生活を介護する施設です。要介護認定(1~5)を受けている方を対象に、食事・排泄・入浴・就寝・健康管理などのサポートを行います。

介護老人保健施設

要介護認定(1~5)を受けた方が、在宅への復帰を目標に心身の機能回復を訓練するための施設です。ショートステイやデイケア(送迎付きの通いでサービスを受ける)が中心のため、終身にわたってサポートを行う特別養護老人ホームとは異なります。

さんわケアサービスの料金一覧
  • ご本人様へ -入居をお考えの方へ-
  • ご家族様へ -入居をお考えのご家族の方へ-
  • 入所条件と 入所までの流れ
さんわケアサービスの4つの施設
  • 四街道
  • 神栖
  • 勝浦
  • みつわ
ホームでの皆様の声
  • 施設選びのポイン
  • 介護レベルに応じて必要な環境